薬剤師の世界

薬剤師の世界

2016/05/16 16:10:16 | automobile

薬剤師は全国の各地で活躍する存在となりつつあるのではないかと考えられています。この特徴は他の職種に比べて鮮明なものとして確認されるようになってきており、多岐にわたる方面で薬剤師の必要性が増しているとみられています。また、薬剤師の仕事を通じて、多くの人に貢献できる可能性も高いとされていることから、全国的な規模で活躍する仕事であると言えるのではないでしょうか。昨今は薬剤師の仕事をしたいと希望する人が多く見受けられるようになっているため、全国の幅広いエリアですぐに活躍できる職種のひとつと言えるのではないかと思います。
薬剤師が全国的な規模で活躍する動きは、年々活発に確認されてきているのではないかと推測されています。この仕事は多くの人に貢献できるとされているため、活躍の度合いが高まることにも関与しているのではないかとみられています。新たに薬剤師の仕事を始める人と、長年にわたりこの仕事を行ってきた人の双方が、ともに活躍できるとも考えられているため、大事な仕事の一種であると言えるのではないかと思います。今後も薬剤師の仕事を通じて、様々な人のためになることが実現されると考えられており、全国規模で活躍する仕事となっていくのではないでしょうか。また、薬剤師として、地域を問わず活躍していきたいと希望する人材も多くなってきていることから、様々なエリアを跨いで活躍する薬剤師も多くなるのではないかと、強く期待されています。

2016/05/02 16:16:02 | automobile

薬剤師として働いた事がある人なら分かると思いますが、薬剤師の給料はかなり高いです。
ですからそこらへんのドラッグストアの求人を見てもその時給の高さは際立っています。

 

そういう事からもドラッグストアとしてはできるだけ薬剤師に働いてもらうよりも登録販売者に薬の販売を任せたいと思っているのです。

 

なぜなら、ほぼ同じように医薬品の販売が可能になる登録販売者の時給はそからへんのアルバイトの時給とほぼ変わらないからです。

 

ですから、できるだけ薬剤師よりも多くの時間を登録販売者に勤務して欲しいと思うわけです。でも、だからと言って完全に薬剤師のいないドラッグストアというわけにはいかないです。

 

その理由は簡単でいくら登録販売者が薬剤師と同じように医薬品を販売できると言っても
その種類は第3種医薬品と第2種医薬品の販売までしか許されないからです。

 

ですから、もっと強力な第1種医薬品を販売するにはどうしても薬剤師の存在は欠かせないからです。ですから、ドラッグストアの薬剤師の求人がなくなるという事はないです。

 

ただ、昔ほど薬剤師が働ける機会が狭まっているのは確かです。ですから、ドラッグストアで
薬剤師の求人を探すのはかなり難しくなってきています。

 

ですから、薬剤師として高い時給でフルタイムで働きたいと思うならドラッグストアよりも
昔からある薬局で働くのが良いです。

 

少なくとも今の時代の薬剤師が高額な収入を得ようと思った時はドラッグストアよりも薬局がおすすめです。

2016/04/17 16:14:17 | automobile

通常のアルバイトやパートでの夜間の仕事というのはよくありますが、薬剤師に関しても夜間の勤務というのは必要なるので、この時間帯を希望することもできます。
勤務する場所にもよりますが、どうしても夜遅くまでやっている病院などでは薬剤師がいてもらわないと困る事態もあるので、需要は普通にあるのです。
そして、働く側にとっても夜間に働けるというのは、選択肢の1つとして非常に重要なこととなるはずです。
昼間は働けない人っていると思いますし、例えば育児などで追われていて、どちらかというと夜の方が都合が良いとか、そういう暮らしをしている人もいます。
また、昼間は別のアルバイトやパートをしていれば、掛け持ちをするためにはどうしてももう1つの仕事は夜に行った方が都合が良いというのもあるかもしれません。
薬剤師バイトやパートの掛け持ちをしている人は現実的に多いですし、働きながら子育てをしている人というのもかなり多くいるはずですから、それと重なりづらい時間帯というのは、やはり夜になるのではないでしょうか?
そして、薬剤師の夜間のアルバイトやパートは従来は病院がメインでしたが、最近はそれ以外の勤務場所、特にドラッグストアでも多く募集されていることが多いです。
それはドラッグストアの営業時間が以前よりも伸びてきていることにも由来しているのです。
ドラッグストアが遅い時間帯までやっていることにより、その時間帯に働ける薬剤師の人も募集されています。
だから、病院以外でも働く場所の選択肢があるというのは覚えておくと便利でしょう。
ドラックストアは近所にあるということも多いですし、病院まで行かなくても勤務できるというのは大きいのではないでしょうか?

2016/04/12 20:13:12 | automobile

これから薬剤師として働こうと思っている人にとってどこで働くのが良いのか考える場面はあるかと思います。それはどうしてかというと、薬剤師として働くのにも働く場所によってその条件も大きく変わってくるからです。

 

では、これから薬剤師として働こうと思った時はどこで勤務するのが良いのかというと、
それはこれからずっと同じ職場で勤務しようと思った時は病院近くの薬局で働くのが一番良いです。

 

その理由は簡単で病院近くの薬局なら病院の処方箋を持って多くの患者がその薬局に来るからです。ですから、安定した環境で薬剤師として働こうと思った時は病院近くの薬局で働くのが良いです。

 

では、それ以外の場所で働くメリットはないのかというと、そんな事はないです。
それはどうしてかというと、薬剤師として働くにしてもその働き方は人によっていろいろだからです。

 

例えばパート勤務で薬剤師の仕事をすれば良いと思っている人なら病院近くの薬局よりも
柔軟な働き方ができるドラッグストアで勤務するのが良い事もあります。

 

特に結婚している女性で家事をしないといけない人なら薬局でフルで働くよりはパート勤務が
可能になるのでそういう方は病院近くの薬局で働くよりはドラッグストアで働くと良いです。

 

それで多くの柔軟な働き方をしたいと思っている薬剤師の方は思ったような働き方ができるようになると思います。でも安定した環境で働くなら病院近くの薬局が一番安心感があるのは確実です。

2016/04/10 19:38:10 | automobile

私は新卒社員で入社してから約5年間ほど同じ調剤薬局で正社員として勤務していました。

 

私は薬剤師になったものの、ほとんど調剤薬局には無縁の生活を送ってきました。
初めて調剤薬局の勤務の様子を知ったきっかけは大学4年生の時に行った調剤薬局の実務実習でした。
その当時は薬学部も4年制だったため調剤薬局では1週間しか実習は行われなかったのですが、患者様と接している薬剤師の方の姿を見て、接客に興味を持ちました。
その後病院実習にも行きましたが、より接客することができる調剤薬局に勤務しようと決めました。

 

私が入社して配属された調剤薬局は内科を中心とした処方せんがよく来る所でした。
薬局実習の1週間では全く気付かなかったことばかりでした。

 

まず当たり前ですが薬の成分や効能効果を覚えなくてはなりません。
成分や効能効果は大学時代にも覚えたのですが、一般名を覚えなくてはならなかったり、忘れていたり知らなかった薬の名前は覚えなくてはなりませんでした。
内科は特に薬の種類が多いため、私は一番苦労しました。

 

そしてその知識を患者様に分かりやすく説明しなければなりません。
これは簡単なようで意外に難しく、私たち医療関係者は医療用語で普段話をすることが多いのですが、患者様はほとんど一般の方のため分かりやすい言葉に言い直さなければなりません。
またちょっとしたニュアンスで言葉の取り違えが起こり、患者様とトラブルになることもまれにありました。
こちらが正しく説明しているつもりでも取り違えられることがあるのだと、気付かされた瞬間でした。

 

私の勤務していた調剤薬局は患者様への調剤だけでなく、来局予定の患者様の薬を作ったり、他の施設の患者様への薬を送ったりしていました。
毎日がとてもハードでしたがとてもやりがいのある職場でした。
今は育児のために退職していますが、また仕事復帰する際にはこのようなやりがいのある職場に行きたいです。