調剤薬局で勤務した体験談

調剤薬局で勤務した体験談

調剤薬局で勤務した体験談

私は新卒社員で入社してから約5年間ほど同じ調剤薬局で正社員として勤務していました。

 

私は薬剤師になったものの、ほとんど調剤薬局には無縁の生活を送ってきました。
初めて調剤薬局の勤務の様子を知ったきっかけは大学4年生の時に行った調剤薬局の実務実習でした。
その当時は薬学部も4年制だったため調剤薬局では1週間しか実習は行われなかったのですが、患者様と接している薬剤師の方の姿を見て、接客に興味を持ちました。
その後病院実習にも行きましたが、より接客することができる調剤薬局に勤務しようと決めました。

 

私が入社して配属された調剤薬局は内科を中心とした処方せんがよく来る所でした。
薬局実習の1週間では全く気付かなかったことばかりでした。

 

まず当たり前ですが薬の成分や効能効果を覚えなくてはなりません。
成分や効能効果は大学時代にも覚えたのですが、一般名を覚えなくてはならなかったり、忘れていたり知らなかった薬の名前は覚えなくてはなりませんでした。
内科は特に薬の種類が多いため、私は一番苦労しました。

 

そしてその知識を患者様に分かりやすく説明しなければなりません。
これは簡単なようで意外に難しく、私たち医療関係者は医療用語で普段話をすることが多いのですが、患者様はほとんど一般の方のため分かりやすい言葉に言い直さなければなりません。
またちょっとしたニュアンスで言葉の取り違えが起こり、患者様とトラブルになることもまれにありました。
こちらが正しく説明しているつもりでも取り違えられることがあるのだと、気付かされた瞬間でした。

 

私の勤務していた調剤薬局は患者様への調剤だけでなく、来局予定の患者様の薬を作ったり、他の施設の患者様への薬を送ったりしていました。
毎日がとてもハードでしたがとてもやりがいのある職場でした。
今は育児のために退職していますが、また仕事復帰する際にはこのようなやりがいのある職場に行きたいです。